欧州銀行株が債務危機以来の安値、イタリア問題の伝染懸念-チャート

  イタリアの銀行問題をめぐる混迷が深まる中で、欧州の銀行株がユーロ圏債務危機の最悪期以来の水準まで値下がりしている。危機が業界全体に伝染する懸念が浮上し、ストックス欧州600銀行指数は2011年に付けた安値にあと1.4%と迫っている。スペインのポプラール・エスパニョール銀行、イタリアのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ、ドイツ銀行、クレディ・スイス・グループは今週、上場来安値を更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。