ヘッジファンド、対英投資に長期的な影響ないと回答-プレキン

英国民の欧州連合(EU)離脱選択で世界市場が混乱したが、ヘッジファンドの運用担当者は対英投資という点では長期的な影響はないとみている。調査会社プレキンが発表した。

  同社がマネーマネジャー67人を対象に6月30日-7月4日に行った調査によれば、ほぼ4分の1がポジティブな効果を見込んでいると答えた。英国のEU離脱がネガティブだとの回答はなかった。調査参加者のファンドに短期的にプラスの影響をもたらすと見込むのが31%で、13%が懸念材料と見ていると答えた。

  今後1年で対英投資を増やすとの回答は約20%で、11%が短期的に減らすという。 

原題:Hedge Fund Managers See No Long-Term Brexit Damage in Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE