ロンドン不動産価格の下落、アジアの投資家も打撃受ける恐れ

  • HKMAや大連万達などアジアの投資家がロンドン不動産事業に関与
  • 復星集団やシティ・デベロップメンツは買いの好機の可能性を指摘

香港金融管理局(HKMA)から中国最大の不動産開発業者に至るまでアジアの投資家はこれまで、ロンドンの不動産市場の流れに大きく便乗してきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。