ネットワーク世界一の銀行が上場準備、中国版ゆうちょ銀行-チャート

  香港で約80億ドル(約8100億円)規模となる可能性のある新規株式公開(IPO)に向け準備を進める中国郵政貯蓄銀行は、世界のどの上場銀行より拠点数が多い。中国郵政貯蓄銀は5億500万に上る小口顧客にさらに商品を販売していくため、中国全土を網羅するこの巨大なネットワークを生かすことができるとの理解を投資家から得るよう目指す。北京に本店を置く同行のネットワークはインドステイト銀行の倍近く、米ウェルズ・ファーゴのほぼ5倍だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。