米利上げの緊急性薄まる、雇用情勢と英EU離脱で見通しに影

  • リスク山積で米金融当局者は静観の構え-FOMC議事録
  • 成長率やインフレ率めぐり当局者間の意見の相違鮮明に

米金融当局者は近い将来の利上げの必要性について、確信を失いつつある。国内外の成長見通しをめぐる不確実性が高まっているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。