米S&P:今年の米自動車販売予想を下方修正-英EU離脱決定が影響

  • 今年の米自動車販売見通しを従来の1780万台から1750万台に修正
  • 個人購入者の需要鈍化と中古車価格の動向も理由に挙げる

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは6日、今年の米自動車販売台数予想を従来の1780万台から1750万台に引き下げたと発表した。個人の購入者の需要鈍化と、英国が欧州連合(EU)離脱を選択したことが米経済に及ぼす影響を理由に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。