バークレイズ元幹部証言、トレーダー解雇に「いたたまれない気持ち」

英銀バークレイズの元幹部は外為市場の操作疑惑でトレーダーを停職処分にせざるを得なかった際は、気まずい思いと「いたたまれない気持ち」だったと述べた。同トレーダーは最終的に解雇された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。