超長期債が下落、フラットニング行き過ぎとの声-2年利回り過去最低

更新日時
  • 新発20年債利回り一時0.045%、新発30年債利回り0.07%まで上昇
  • 新発2年債利回りマイナス0.345%と過去最低更新、先物連日最高値

債券市場では超長期債相場が下落。前日に新発20年物国債利回りがマイナスを付けていったん達成感が出て、反動の売りが優勢となった。半面、新発2年債利回りは過去最低水準を更新し、中期ゾーンの堅調推移を反映して先物は連日で最高値を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。