イタリア、システミックな銀行危機引き起こす恐れービニスマギ氏

イタリアの銀行危機は欧州全体に波及する恐れがあり、銀行への政府支援を妨げる欧州連合(EU)の規則は見直されるべきだと、フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルのロレンツォ・ビニスマギ会長が述べた。

   同会長は6日のブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、「銀行セクター全体に圧力がかかっている。EUは公的支援についての規則を作ったが、市場に危機の可能性がある時には規則を検証し、何らかの適用停止などが必要か判断しなければならない」と語った。

  イタリアの銀行は約3600億ユーロ(約40兆円)の不良債権を抱え、政府は資本強化の方法を模索している。

原題:Italy Could Spark Systemic Banking Crisis, SocGen Chairman Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE