ゴールドマン:出張時の売春婦への支払いは「不適切」-ベラ氏

  • リビア投資庁との係争で、アジア投資銀行業幹部のベラ氏が証言
  • 2008年のバンカー出張での顧客親族との関係が問われた

米銀ゴールドマン・サックス・グループの幹部アンドレア・ベラ氏はロンドンの裁判所で、同行行員1人とリビア投資庁(LIA)当局者の親族との関係は不適切だったとし、そうした事実を認識していたら懸念していただろうと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。