NY外為:ポンドが続落、英EU離脱決定後の混乱続く-円は上昇

更新日時

6日のニューヨーク外国為替市場ではポンドが31年ぶりの安値を更新。英国の欧州連合(EU)からの離脱決定が引き続き金融市場を揺るがせた。

  ポンドは対ドルで一時1ポンド=1.28ドルを割り込み、国民投票翌日の6月24日に付けた安値を4セント下回った。円は主要16通貨全てに対して上昇。世界的に株価の上値を抑えている英国発の混乱を受け、安全な逃避先としての需要が強まった。

  英国のEU離脱決定が同国経済の信頼感に打撃を与えているとの証拠が増える中、ポンドは過去2日間に30年ぶり安値を更新している。ヘンダーソン・グローバル・インベスターズは39億ポンド規模の英不動産ファンドの解約を停止した。アビバ・インベスターズやスタンダード・ライフ・インベスターズは既に確約を停止している。2007年のような不動産市場の動揺と金融危機の始まりで、国民投票後のショックを制御できずに英国がリセッション(景気後退)入りするとの懸念が強まってきた。

  SEBの為替ストラテジスト、リチャード・フォルケンホール氏は「国民投票から1週間半がたち、英経済の中で悪いことが表面化し始めている。過去数日のペースを考えると、ポンドは落ち着く前に1.25ドルまで容易に下落しそうだ」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドは対ドルで0.7%安の1.2931ドル。一時は1.7%安の1.2798ドルと、1985年以来の安値を付けた。円は対ドルで0.4%高の1ドル=101円32銭。一時は100円20銭まで買われた。ユーロはドルに対して0.2%高い1ユーロ=1.1100ドル。

  英国民投票の直後に100円を超えた円は、同国のEU離脱の影響が拡大する中で安全な逃避先とみなされている。円高を受け、日本は経済目標の達成が一段と困難になっている。

  EU離脱決定以降、ポンドの下げが最もきつい。ほとんど全てのアナリストが見通しを変更しており、軟調な地合いが続くと予想されている。ブルームバーグが実施した調査では47人のうち42人がポンドは1.30ドルあるいはそれを下回る水準で年を終えると予想した。最も弱気なジュリアス・ベア・グループは1.16ドルへの下落を見込んでいる。 

  自国通貨の下落は輸出を促進するため、離脱からの経済的痛みに対する緩衝材になり得るが、ポンドの継続的下落は英国への信頼感悪化の兆候となっている。

  BNPパリバの外国為替戦略の世界責任者、スティーブン・セイウェル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「今の問題はリスクセンチメントだ」と発言。経常赤字を考慮すると、英国は「バランスをとるために資金を流入させる必要がある。それについて市場が神経質になり始めれば、そのような資金流入は枯渇する」と述べ、ポンドに悪影響を及ぼすと語った。
 

原題:Pound Takes Fresh Leg Lower on Mounting Brexit Woes as Yen Jumps(抜粋)

(第3段落と第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE