英離脱の株安後に百度やサムソナイト買い増し-香港のヘッジファンド

  • マナス・キャピタルのセーガル氏がインタビューで述べた
  • チョコレートメーカーのデルフィ株の保有も増やす

香港のヘッジファンド、マナス・キャピタルは、英国民の欧州連合(EU)離脱選択を受けた株価下落後、インターネット企業の百度(バイドゥ)やスーツケースメーカーのサムソナイト・インターナショナルなどの銘柄を買い増している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。