ジャンク債市場で起債再開-トランスオーシャンが15億ドル相当発行へ

沖合掘削請負会社トランスオーシャンは15億ドル(約1510億円)規模の起債を予定している。ジャンク債市場では英国の欧州連合(EU)残留・離脱を問う6月23日の国民投票を前に発行が途絶えてから初の起債となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。