中国人民銀:レバレッジ比率の徹底分析の必要性を訴え-陳副総裁

中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露副総裁は、企業の借り入れなどレバレッジ比率について調査・分析を強化する必要性を訴えた。金融システムに対する債務関連リスクを減らし、債務水準上昇を抑制する方法を探るべきだとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。