3兆ドルの待機資金が米国債押し上げへ、企業年金も金利低下受け入れ

  • 米企業年金も押し目買いのチャンス狙う可能性
  • 10年物米国債利回りは今四半期に1.25%に低下へ-BofA

バンク・オブ・アメリカ(BofA)によると、3兆ドル(約303兆円)規模の米企業年金業界は金利の想定を放棄しているため、米国債にさらに資金を投じることになるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。