「日本は救われた」7&i前会長辞任の夜、Mr.ROEにメール届く

更新日時

「今日は歴史に残る日本が救われた日だ」。一橋大学大学院の伊藤邦雄特任教授に企業統治(ガバナンス)を憂う国内投資家から1通のメールが届いた。セブン&アイ・ホールディングスの当時の鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)からの人事案が否決され、自ら引退を決めた4月7日の夜だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。