銀価格:5営業日続伸後、5日に反落-チャート

  市場関係者が休暇を取っていた米独立記念日の4日前後に銀価格は荒い値動きを示した。英国民投票をきっかけに中央銀行が景気刺激策を強化するとの観測を背景に、銀価格は2014年以来の1オンス=21ドル乗せとなった。5日は一服し、銀現物価格は一時3.9%安の19.5325ドルを付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。