LMEニッケル:反落、8週間ぶり大幅安-フィリピン動向めぐり臆測

5日のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は反落し、8週間ぶりの大幅安となった。中国へのニッケル鉱石供給大国であるフィリピンについて、環境規則を満たさない鉱山を閉鎖するとした同国政府の対応に、これまでの予想よりも時間がかかるかもしれないとの観測が浮上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。