金の建玉、5年ぶり高水準に増加-相場上昇見込む投資拡大

更新日時
  • 金融市場の混乱と世界の経済成長への懸念で金投資が増える
  • 資産運用会社による金の買越残高が過去最大

金の建玉(未決済残高)が約5年ぶりの高水準に達した。金融市場が混乱し世界の経済成長に対する懸念が広がる中、金投資が拡大している。

  ニューヨーク市場のCOMEX部門の金先物の建玉は1日、2010年11月以来の高水準を記録。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、資産運用会社による金の買越残高は6月28日終了週に、データ集計が始まった06年以降で最大に増加した。

  オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)の創業者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで「最近の上昇の一部が値固めされつつある。適正価格で取引されている」と指摘した。

原題:Gold Open Interest Rises to Five-Year High as Bullish Bets Soar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE