FBI、クリントン氏の訴追見送りへ-機密情報扱いは「不注意」

更新日時

米大統領選の民主党候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン氏が国務長官時代の公務で私的なメールを使っていた問題で、米連邦捜査局(FBI)はクリントン氏に対する刑事訴追を見送る方針を決定した。ただFBIは、公的なやり取りにおいてクリントン氏に不注意があったとし、機密性の高い情報がハッカーに漏えいする可能性はあったと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。