米フォートレスを元マネジングディレクターが提訴-不当解雇を主張

  • マイケル・ジョンソン氏は12日に英雇用審判所での審理で証言へ
  • ジョンソン氏の上司は「どうやってもうまくいかない」と告げる

ヘッジファンドの米フォートレス・インベストメント・グループの元マネジングディレクターが、同社を相手取りロンドンの英雇用審判所に訴えを起こした。この元マネジングディレクターは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療から職場に戻った数日後に、上司から「どうやってもうまくいかない」と告げられ、解雇されたと主張している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。