英中銀、流動性オペで需要減少-銀行はEU離脱決定の影響見極め

イングランド銀行(英中央銀行)は5日、国民投票で欧州連合(EU)離脱が選ばれた後で2回目となる流動性オペを実施した。銀行からの需要は前回に比べ減少した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。