きょうの国内市況(7月5日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日経平均7日ぶり反落、欧州銀行株安と円高推移-金融、輸出売られる

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反落し、日経平均株価は7営業日ぶりに下げた。米国株休場による新規買い材料不足の中、欧州金融株の下落や為替の円高推移が嫌気され、銀行や保険など金融株、機械や電機など輸出株が安い。不動産や水産・農林、サービス株も下落。

  TOPIXの終値は前日比5.33ポイント(0.4%)安の1256.64と3営業日ぶりの反落、日経平均株価は106円47銭(0.7%)安の1万5669円33銭。

  三井住友アセットマネジメントの平川康彦シニアファンドマネージャーは、「BREXIT後の戻り過程ではディフェンシブ業種が戻しただけで、金融や外需は相対的に弱い。決してリスクオフがリスクオンになって戻したのではなく、秩序だったリスクオフ」と話した。欧州情勢の枠組みが定まらない中、「信用リスクなど影響がどこに及ぶか不透明。米国が利上げできず、欧州が緩和を進めるなら、為替は円高になりやすい」とも指摘した。

  東証1部33業種は水産・農林、機械、保険、銀行、鉱業、その他製品、不動産、電機、サービス、鉄鋼など24業種が下落。繊維やゴム製品、建設、海運、陸運、空運、食料品など9業種は上昇。東証1部の売買高は15億7847万株、売買代金は1兆5774億円で、代金は3営業日連続で活況の目安となる2兆円を下回った。上昇銘柄数は726、下落は1102。

  売買代金上位では、6月の既存店売上高が物足りないと野村証券などで受け止められたファーストリテイリング、BNPパリバ証券が投資判断を「ホールド」から「ウエート下げ」に下げた三井住友フィナンシャルグループや三井住友トラスト・ホールディングスが安い。2カ月連続で既存店売上高の伸びが鈍化したアダストリアのほか、良品計画やアルプス電気、クボタ、三菱自動車も売られた。半面、ブイ・テクノロジーやキーエンス、キリンホールディングス、資生堂、NEC、帝人、大日本印刷、ジャパンディスプレイは高い。

●債券:20年債利回りが過去最低更新、プラス金利を買う動き-10年入札順調も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では新発20年債利回りが過去最低水準を更新した。利回りがプラス圏にある超長期ゾーンを中心に買いが入った。この日実施の10年利付国債入札が順調となったことも買い安心感につながった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の343回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1ベーシスポイント(bp)高いマイナス0.245%で開始し、いったんマイナス0.24%まで上昇した。入札終了後にはマイナス0.25%に戻している。
新発20年物の157回債利回りは一時1.5bp高い0.055%に上昇。その後は買いが優勢になり、0.03%と前日に付けた過去最低水準を更新。その後は0.035%で推移している。新発30年物の51回債利回りは2bp低い0.055%と過去最低に接近した。

  SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジストは、「過去7月は10年債入札をピークに月末にかけて金利は低下傾向だった。7-9月期入りで益出し売りも出ないので、緩やかな金利低下トレンドが続くのではないか。7月は金利が下がりやすい」と語った。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は前日比4銭安の153円30銭で取引を開始した。いったん1銭安まで戻したが、再び水準を切り下げ、午後の取引開始後には17銭安の153円17銭まで下落。入札結果発表後には買いが入って下げ幅を縮小し、結局3銭安の153円31銭で引けた。

  財務省が発表した表面利率0.1%の10年利付国債(343回債)の入札結果によると、平均落札利回りがマイナス0.243%、最高落札利回りがマイナス0.240%となり、ともに過去最低を更新した。最低落札価格は103円47銭と予想を1銭上回った。小さければ好調さを示すテール(最低と平均落札価格の差)は3銭と前回の2銭から拡大。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.64倍と前回の4.11倍から低下した。  

●円全面高、世界的な不確実性の高まりで買い圧力-対ドル101円台後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場は円が全面高の展開となり、対ドルでは5営業日ぶりに1ドル=101円台まで上昇した。英国の欧州連合(EU)離脱やテロの多発などを受けて世界経済をめぐる不透明感が増していることを背景に、円買い圧力が掛かった。

  午後3時55分現在のドル・円相場は101円92銭付近。円は朝方に付けた102円59銭を下値に水準を切り上げ、午後の取引終盤には一時101円88銭と先月28日以来の高値を付けた。円は主要16通貨全てに対して前日終値から上昇し、対ユーロでは一時1ユーロ=113円31銭と4営業日ぶりの水準まで円高が進んだ。

  みずほ証券投資情報部の由井謙二FXストラテジストは、英EU離脱をめぐる不確実性がかなり高まっていることを背景とした世界的な金利低下の流れの中、米金利が時間外で水準を切り下げ、ドル・円の上値が重くなっていると説明。加えてテロの多発も不確実性を高める要因になっているとし、「円とスイス・フランが選好されやすい中で、スイスは介入に動いている。そうなると円にどうしてもお金が流れやすくなる」と言う。

  オーストラリア準備銀行(中央銀行)は5日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を1.75%に据え置くことを決めた。ブルームバーグがまとめた市場予想でも据え置きが予想されていた。

  豪ドルは豪中銀の決定を受けて、一時1豪ドル=0.7545米ドルまで上昇した後、伸び悩む展開となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE