中国人民銀:状況の複雑さ、過小評価すべきではない-英EU離脱で

中国人民銀行(中央銀行)は4日、景気に対する国内外のリスクを注視していると表明した上で、英国の欧州連合(EU)離脱に伴う市場のボラティリティに触れ、状況の複雑さを過小評価すべきでないとの認識を示した。

  人民銀の周小川総裁率いる貨幣政策委員会が四半期ごとに開く会合後、声明を発表。同委員会は国内の経済・金融パフォーマンスは全般的に引き続き安定しているとも説明した。

  人民銀は主要政策金利を昨年10月以降、過去最低水準に据え置いている。米経済については「緩やかに回復している」としたものの、世界の金融市場でリスクは高まっているとあらためて指摘。慎重な金融政策を続け、人民元を適正な水準で安定的に維持する方針を繰り返し示した。

原題:PBOC Panel Says Don’t Underestimate Complexity of Economic Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE