ふらつく米株、英国民投票前の水準に戻す-市場は年内最高値更新予想

  • ウォール街の株式ストラテジストは年内に最高値更新との見方変えず
  • 一定の経済成長ペース下では株価は打撃を受けにくいもよう

上昇はしないが、下がる一方というわけでもはない。米株のこのところの推移を簡単に言い表すとしたらこうなるだろう。10%調整して、7年間の強気相場で最長の下げにはまり込んだ3カ月後、S&P500種株価指数は英国民投票という新たな衝撃を乗り切って、下げる前の水準に戻した。6月24、27日の5.3%の下落も、8日間で急落前の水準まで回復した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。