貸し手試算の融資リスク計測、デフォルトの可能性を過小評価-ECB

貸し手の独自試算に頼る銀行融資リスクの計測手法は、デフォルト(債務不履行)の可能性を大幅に過小評価する恐れがある。欧州中央銀行(ECB)が4日公表した研究論文でこう指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。