アジアのヘッジファンド、業務支援サービスに熱視線-経費削減迫られ

  • 手数料引き下げ圧力が強まる中、「プラットホーム」事業との契約増
  • ヘッジファンドビジネスの経営手法が変化する予兆か

黄如洪氏は香港に本拠を置く自分のヘッジファンドが運用資産1億ドル(約102億円)という大きな調達目標を達成した後、異例の決断を下した。単独で運営するのではなく、ヘッジファンド向けに事務スタッフの採用からコンプライアンス(法令順守)への対応までさまざまな業務支援サービスを提供する「プラットホーム」事業との契約を決めたのだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。