コンゴでの金の違法採掘で外国企業が恩恵受ける-国際人権団体

国際規制当局が金業界の浄化を目指しているにもかかわらず、コンゴ(旧ザイール)東部での金の違法取引で外国企業と武装勢力が利益を得ていることが、国際人権団体グローバル・ウィットネス(本部ロンドン)の報告書で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。