トップクラスの債券投資家、ノーベル賞受賞者と組んで株式相場に勝つ

  • ダブルラインのファンドは2つのバリューストラテジー組み合わせる
  • 今年これまでのところ競合ファンドの90%を上回る運用成績

トップクラスの債券運用者とノーベル経済学賞受賞のエコノミストを組み合わせると、株式相場を上回るリターンを獲得する見込みがあるかもしれない。

  債券投資家ジェフリー・ガンドラック氏らが創業した投資会社ダブルライン・キャピタルは、「ダブルライン・シラー・エンハンストCAPEファンド」にその組み合わせ戦略を採用している。同ファンドは資金の大半をガンドラック氏と共同運用者ジェフリー・シャーマン氏が運営する債券ポートフォリオに投資。同時にノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー氏が考案した指数に基づき、過小評価されていると判断される大型株のセクターにスワップを使って投資している。

  シャーマン氏(39)はロサンゼルスにあるダブルライン本社でのインタビューで、「これはダブルバリュー(2倍の価値)の提案だ」と語った。同氏は6月1日にガンドラック氏の副最高投資責任者(CIO)に起用された。

  2013年10月のダブルライン・シラー・エンハンストCAPEファンド設定以来、この組み合わせはうまく機能しており、同ファンドは株式相場全体を3ポイント上回る年率リターンを計上している。開始以来、資金が毎月流入していることもあり、運用資産は先月初めて10億ドル(約1020億円)を上回った。

  ダブルライン・シラー・エンハンストCAPEファンドは、銘柄選択に一定のルールに基づく方式を採用することで指数を上回ることを目指すスマートベータ・ファンドの一つ。ベンチマークとなっているシラー・バークレイズCAPE米セクター指数は12年以降、一貫してS&P500種株価指数を上回っている。

  ブルームバーグの集計データで、ダブルライン・シラー・エンハンストCAPEファンドの今年これまでのリターンはプラス7.5%で、今年に入って競合する大型株ファンドの90%を上回るリターンを計上。15年は97%、14年は99%の競合ファンドを上回る運用成績を収めた。

原題:Gundlach Beats Stocks With $1 Billion Shiller-Themed Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE