英EU離脱選択の日に25%失う、昨年首位の日本CB運用ファンド

更新日時

2015年の日本市場での運用結果で首位の英ストラットン・ストリート・キャピタルのファンドが、国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が選択された日に25%(円建てベース)を失ったことが分かった。転換社債型新株予約権付社債(CB)で運用しており、リスク回避の株価下落が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。