大阪取引所社長:ドル建て日経平均2年内上場へ、HFT要透明化

更新日時

日本取引所グループ傘下の大阪取引所は海外投資家の利便性を高めるため、外貨建ての株価指数を2年以内に開発、上場させる方針だ。既存の株価指数についても国内外の投資家層を拡充させることで、デリバティブ取引量全体の底上げを目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。