地熱発電の日の丸プロジェクト始動、国立公園内で-地元同意がカギ

  • 国内には原発20基に相当する地熱資源-規制緩和で調査可能に
  • 30年度に地熱発電の出力規模を3倍に増やす政府目標

福島の復興をかけた「日の丸」地熱開発プロジェクトの調査が本格化している。原発稼働率の低下で二酸化炭素の排出(CO2)削減につながる再生可能エネルギーの重要性が高まっており、日本全体で原発20基分の資源があるとされる地熱発電のポテンシャルに注目が集まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。