日経平均7日ぶり反落、欧州銀行株安と円高推移-金融、輸出売られる

更新日時

5日の東京株式相場は反落し、日経平均株価は7営業日ぶりに下げた。米国株休場による新規買い材料不足の中、欧州金融株の下落や為替の円高推移が嫌気され、銀行や保険など金融株、機械や電機など輸出株が安い。不動産や水産・農林、サービス株も下落。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。