企業経営者は英財務相の法人減税案を評価-若干の安心材料に

  • 投資の維持・誘致には多くの政府措置が必要-英経営者団体
  • オズボーン財務相は法人税率の15%への引き下げを提案

多国籍企業は英国の欧州連合(EU)離脱に危機感を抱いているものの、オズボーン英財務相が法人税率を15%まで引き下げると提案したことは、先行き不透明な中で若干の安心材料となった。EU離脱選択の国民投票の余波は英国での企業活動の展望に影を落としている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。