権謀術数うごめく英保守党党首選-初回の予備選挙は5日スタート

  • 新首相、第二次大戦後の英国で最も難しい決断迫られる可能性
  • 歴史的に最有力候補は勝ち残れず、ダークホースにチャンス

英国の欧州連合(EU)離脱選択は同国二大政党を権力闘争のるつぼに陥れた。この過程でキャメロン首相、さらにその後継者とみられたジョンソン前ロンドン市長も表舞台から引きずり下ろされた。

  与党・保守党は新たな党首、つまり首相を今や選出しようとしている。新首相は第2次世界大戦以降、英国にとって最も難しい決断を迫られるとみられる。ここで英国の保守党党首選について紹介しよう。

党首選立候補者の顔ぶれは?

  今のところ5人だが、いつでも取り下げることは可能だ。立候補受け付けは6月30日に締め切られたため、新たな候補者が加わることはない。5人のうち国民投票でEU離脱を支持したのが3人、2人は残留を支持したが、いずれも国民投票の結果は尊重するべきだとの姿勢だ。

  最有力とみられるのはメイ内相。党首選序盤の最大の注目点の1つは、メイ内相とゴーブ司法相との争いがどのように展開していくかにある。ゴーブ司法相はここにこぎ着けるまでに、キャメロン首相とジョンソン前ロンドン市長を裏切ったと非難を浴びている。メイ内相の弱点は、やや消極的ながらもEU残留を支持したことだ。

メイ内相

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  保守党党首選は1955年以来、最有力候補は一度も勝利できていない。従って、予想外の展開を予想するべきだ。EU離脱派として名前が知られているレッドソム・エネルギー相がこの嵐を乗り越え、勝ち残る可能性もある。

投票が始まるのはいつ?

  初回の予備投票は5日に始まる。午前11時から午後6時(英国時間)の間に保守党所属議員が秘密投票を実施し、最も得票の少なかった候補が脱落する。他にも撤退せざるを得ないと感じる候補がいるかもれない。この結果は午後7時ごろ発表される。

  同様の予備投票は候補者が最後の2人になるまで繰り返される。投票から次の投票まで、舞台裏では権謀術数がうごめく可能性がある。

いつまで続くのか?

  無期限ではない。予備投票は週2回、火曜日と木曜日に実施される。候補者が2人に絞られた後は、有資格者の保守党党員による郵送投票で決選投票が行われる。この結果は9月9日発表の予定だ。

英国は危機のただ中にある。本当に9月まで待たなければならないのか?

  必ずしもそうとは限らない。メイ内相か、またはいずれかの候補が初回の予備投票で圧倒的な支持を得た場合、他の候補者全員が撤退を決めるかもしれない。そうなれば党員による決選投票を行う必要はなくなる。このシナリオでは2週間以内にも新首相が誕生する。

  

原題:Brexit, Backstabbing and Betrayal: A Guide to Tory Elections (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE