ECB、6月は9.73兆円の資産購入-夏季休暇や英国民投票影響踏まえ

欧州中央銀行(ECB)は6月に、851億ユーロ(約9兆7300億円)相当の債券を購入した。夏季休暇シーズンを控えた前倒し購入や英国の欧州連合(EU)離脱の国民投票への配慮で月間目標の800億ユーロを上回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。