元バークレイズのトレーダー3人有罪評決-英LIBOR不正操作裁判

更新日時
  • 元トレーダー5人がLIBOR操作の罪に問われ裁判を受けていた
  • 英裁判所の陪審は残り2人について評決に至らず

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作事件でロンドンの刑事法院の陪審は4日までに、詐欺罪に問われた英銀バークレイズの元トレーダーら3被告に有罪の評決を下した。週内に量刑言い渡しが行われる。LIBOR操作事件は過去10年に銀行の企業文化刷新につながった重大不祥事の1つで、ロンドン金融史の一つの章を締めくくる評決となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。