【コラム】なぜ英EU離脱が欧州銀にとってのリーマンか-ギルバート

英国の欧州連合(EU)離脱選択を受けて、欧州の銀行は投資家によるストレステスト(健全性審査)を受けている。株価は今年既に20%下落していたが、国民投票結果が判明した後、下げは倍に拡大した。

  この危機的状況は、欧州が2008年のリーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後の金融危機時にしなかった銀行システムの立て直しを今行う理由にもなり口実にもなる。

  世界的な投資銀行になろうとしたドイツ銀行の時価総額は現在170億ユーロ(約1兆9400億円)。これは昨年の収入がわずか5900万ドル(約60億5000万ドル)のメッセージアプリケーション会社、スナップチャットとほぼ同じだ。著名投資家のジョージ・ソロス氏がドイツ銀株を空売りするのも無理はない。

  イタリア最大の銀行、ウニクレディトの今年の状況は特にひどい。時価総額は120億ユーロとなり、510億ユーロの不良債権の前に微々たる水準だ。イタリアの銀行全体の不良債権は1980億ユーロに上る。金融危機後一貫して増大し銀行問題への欧州の対応の失敗を如実に示している。

  そうした状況の中でイタリア当局は英EU離脱の国民投票結果を受けたドサクサに紛れて400億ユーロの公的資金を銀行システムに注入しようともくろんでいる。政府による銀行救済に関するEU規則に反するそんな動きをドイツは快く思わない。

  しかし、少なくとも表向きだけでもEUの結束をアピールしなければならない今、当局は規則順守よりも、きちんと機能する銀行システムの方が重要だと認めるべきだろう。そういうわけで当局は規則を後退させるしかない。

  英EU離脱は、事態を一変させる大事件の際には合意の撤回や基準の無視が認められれる不可抗力条項に当てはまるイベントと位置付け得る。ブルームバーグ・インテリジェンスのジョナサン・タイス銀行業界シニアアナリストは、銀行の資本の急激な目減りは公的支援に関する規則緩和を正当化する根拠を当局に与え得ると論じた。

  米国は08年の危機後に迅速に動き、資本強化と不良資産処理が進んで新たな規制の枠組みも整備された。それをしなかった欧州は、英国のEU離脱選択によって転がり込んだこの第2の機会を逃すべきではない。

(このコラムの内容は必ずしもブルームバーグ・エル・ピー編集部の意見を反映するものではありません。)  

原題:Why Brexit Is a Lehman Moment for European Banks: Mark Gilbert(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE