EU離脱、英政府のRBS株放出を2年以上先送りに-CEO

  • EU離脱で「パスポート」制度なくなるなら雇用喪失避けられない
  • RBSは2018年までに12%のROE達成へ

国民投票での欧州連合(EU)離脱選択を受けて英政府によるロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)株放出は少なくとも2年先送りになったと、ロス・マキューアン最高経営責任者(CEO)が述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。