クリントン氏:電子メール問題のFBI捜査、決着時期承知していない

  • 電子メール問題で2日に3時間半のFBI聴取に応じた
  • 数日前にはリンチ司法長官が夫のビル氏と私的に会談

米大統領選の民主党候補指名が確実なヒラリー・クリントン前国務長官は2日、国務長官時代に私用のメールサーバーを公務で使っていた問題に関し、米連邦捜査局(FBI)の聴取を受けた。この問題はクリントン氏の大統領選に影を落としており、共和党は同氏が大統領に不適格であるとの主張を強めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。