行動期待できるのはECBのみ-ポピュリズム台頭でユーロ圏に試練

英国民が欧州連合(EU)離脱を選んでから、識者らは次に懸念される国はどこかと検証しており、この事実はEUが迎えつつある危機を浮き彫りにしている。ブルームバーグの調査によれば、統合深化を追求してきたユーロ圏の域内総生産(GDP)は英国の選択によって下押しされそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。