中国株:上海総合指数、2カ月ぶり高値-香港株は英投票後の下げ消す

更新日時
  • 商品関連銘柄を中心に買われた-刺激策期待で
  • 香港市場でHSBCが上昇-深圳では万科企業が下落

4日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が2カ月ぶりの高値となった。商品関連銘柄を中心に買われた。香港株も値上がりし、欧州連合(EU)離脱を決めた英国民投票後の下げを消した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。