米エトナが資産売却を計画、反トラスト問題めぐる懸念解消へ-関係者

  • 医療保険会社エトナは数十億ドル規模の資産売却を準備
  • 同社は370億ドルでのヒューマナ買収計画を進めている

米医療保険会社エトナは、数十億ドル規模の資産売却の準備を進めている。同社が計画する370億ドル(約3兆8000億円)での同業ヒューマナ買収について、反トラスト(独占禁止法)問題をめぐる懸念を解消することが目的。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。