ウォール街に打撃、民主党の政策綱領草案-規制や税制などで左派寄り

  • 新税や時給15ドルの最低賃金はサンダース氏の主張を反映
  • 党候補指名が確実なクリントン氏、左派層の支持固め狙う

米民主党の政策綱領草案はウォール街に厳しい内容となった。バーニー・サンダース上院議員の影響を反映し、規制や税制、時給15ドルの最低賃金への支持など多岐にわたって2012年の綱領よりも左派寄りに大きくかじを切った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。