自民党:小池氏推薦願や都連議論見る-都知事選立候補で谷垣幹事長

自民党の谷垣禎一幹事長は3日、党所属の小池百合子衆院議員(63)が東京都知事選(14日告示、31日投開票)出馬を表明したことについて、小池氏からの推薦願や自民党東京都連の議論を党として見極める考えを示した。

  フジテレビの討論番組で谷垣幹事長は、党の推薦を得る前に出馬会見をした小池氏について「彼女も党人ですから、いろいろお考えのことと思う。自民都連でいろいろな具体的な話を進めている」と述べた上で「小池さんも東京都連にも推薦願を出している。そういうことを党本部としては、よく見ていきたいと思う」と話した。

  都知事選候補に取りざたされている増田寛也元総務相が自民党の中心かというキャスターの質問については「そんなことは申してない。いろいろ議論が進んでいるところ」として「まだわたくしは増田さんとはお話ししたことはない」と語った。

  民進党の枝野幸男幹事長は野党共闘で都知事選の統一候補を出すのかとの質問について「できればそのほうが分かりやすいとは思うが、とにかく自民党と公明党が推した知事が2代続けてスキャンダル、これを刷新するのが最大のテーマ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE