自民党幹事長:恒久財源の用意必要、増税先送りでの社会保障財源

4月に予定していた消費税率引き上げを2年半先送りしたことに伴う社会保障費の財源不足問題について自民党の谷垣禎一幹事長は3日、赤字国債ではなく恒久的な財源が必要だとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。