米テスラ車の死亡事故、消費者団体から厳しいルール求める声

  • オートパイロット使用中の初の死亡事故が5月にフロリダ州で発生
  • 死亡した男性は車内で映画を見ていた可能性あるとAP通信

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズは同社の「モデルS」のドライバーが5月7日、フロリダ州で起きた衝突事故で死亡した問題について、モデルSに使用されていた自動運転機能は試験的なものだとの見解を示した。同機能は2014年10月以降、7万台の全ての車に搭載されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。