NY外為(1日):円が4日ぶり上昇、短観を好感-逃避需要も

更新日時

1日のニューヨーク外国為替市場で円が4日ぶりに上昇した。日本銀行の企業短期経済観測調査(短観)で景況感の落ち着きが示された。投資家は先週の英国による欧州連合(EU)離脱決定で予想される経済的な打撃を見極めつつ、安全資産である円に買いを入れた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。