NY原油(1日):反発、政策期待で-第2四半期は7年ぶり大幅高

1日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。英国が先月の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したが、この影響を抑制するために当局が政策を講じるとの観測が市場で広がっている。4-6月(第2四半期)は2009年以来の大幅高だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。