BMW、21年までに自動運転車投入へ-インテル、モービルアイと提携

  • 3社で自動運転技術開発、BMW次世代モデル「iNext」に採用
  • 自動車メーカー他社にもプラットフォーム開放、業界標準狙う

ドイツ高級車メーカーのBMWは、2021年までに自動運転車を市場に投入することを目指し、半導体で世界最大手の米インテル、画像処理・検知技術を手がけるモービルアイと提携する。完全な自動運転車の生産について具体的な時期を設定したのは、大手自動車メーカーの中でBMWが初めて。

  BMWの1日の発表によると、開発する自動運転技術は現在の「7シリーズ」セダンに代わる次世代旗艦モデル「iNext」に採用する。このiNextは高速道路を「完全に自動で走行する車両」の基礎となり、いずれは都市の無人タクシーにも応用する。他の自動車メーカーやハイテク企業に利用を促すため、技術プラットフォームを開放する。

  エバーコアISIのアナリスト、アーント・エリングホースト氏は電子メールで「3社の顔ぶれから、これが業界標準になる公算は大きい」と指摘した。

  BMWのハラルト・クリューガー最高経営責任者(CEO)は発表文で、インテル、モービルアイとの提携が「完全自動運転の実用化を実現させるための根幹」になると表明した。3社は提携の金銭的な詳細について明らかにしていない。

原題:BMW Teams Up With Intel, Mobileye for Autonomous Car by 2021 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE